会社の特徴を把握しよう

中国語に強い翻訳会社で働くための条件

基本から応用まで理解しよう

中国語の翻訳を売りにしている会社で働くなら、まず中国語の基本がわかっていることが前提です。
会社に就職してから、仕事と同時進行で中国語を勉強すれば良いと思っている人がいるでしょう。
しかし中国語をわかっていない状態では、正しい翻訳ができません。
仕事にならないので、中国語がわかっている状態で就職しましょう。
翻訳会社で働きたいと決まっているなら、事前に勉強しておきましょう。
基本から応用まで学べば、必要な知識を入手できるはずです。

ミスをしないように働きましょう。
仕事ですから、ミスが起こったらお客さんに迷惑を掛けます。
翻訳が終わってすぐお客さんに渡さないでください。
間違っている部分がないか、必ず見直しましょう。
見直しの時間も必要なので、計画的に仕事を進める能力も必要になります。
複数の仕事をまとめて受けることもありますが、どれを優先的に進めれば良いのか、よく考えてください。
効率良く進めるために、仕事に優先順位を付けることがポイントです。

様々な中国語に対応しましょう。
論文の翻訳をしてほしいと言われることもありますし、日常的な会話文の翻訳を依頼されることもあります。
お客さんによって仕事内容は様々なので、柔軟対応してください。
あれはできるけれどこれはできないと言っていると、お客さんを失ってしまいます。
論文と日常会話では、表現方法が変わることもあるのでよく確認してください。
それを締め切りまで必ず終わらせましょう。

すばやく翻訳できるようになる

勉強し終わっている状態で、翻訳会社に就職してください。 知識を持っていない人には仕事を任せられないので、面接を受けても採用されません。 また基本だけでなく、応用まで勉強しましょう。 応用の知識も養うことで、どんな依頼でも対応できるようになります。

仕事が終わっても油断しない

翻訳が終わったら、必ず見直しをしてください。 見直しをしないと、ミスに気づくことができません。 人間ですから、時々は間違いを犯します。 早く気づいて修正できれば、何も問題はありません。 そのために、見直しの時間も考えて仕事のスケジュールを決めましょう。

できるジャンルを増やす

翻訳会社で働くと、どんな仕事を依頼されるのかわかりません。 どんな仕事でも対応できるように、専門的な知識も増やしてください。 工場に関する専門用語や、論文でよく使われる表現方法などを知っておくと便利でしょう。 幅広いジャンルに対応できれば、人気が出ます。