すばやく翻訳できるようになる

即戦力になる人材が必要

翻訳会社では、すぐ仕事を任せられる人材を求めています。
ですから中国語をわかっていない人は、採用するわけにはいきません。
就職する時は、中国語を完全に理解している状態になってください。
独学でも良いですし、通信講座などを使っても構いません。
就職活動中の人は、あまり勉強する時間がないと思います。
短時間で中国語を理解するためには、通信講座を使った方が良いでしょう。

通信講座なら、問題用紙を渡されて、講師に提出すると採点してくれます。
わからないところを説明してくれますし、自分に知識が身についているのかわかります。
効率の良い勉強になるので、就職まで間に合うでしょう。
自分に向いている方法で、中国語を学んでください。

応用まで勉強しておこう

基本だけ理解して、中国語をマスターした気持ちにならないでください。
どんな仕事を依頼されるかわからないので、応用の知識まできちんと身に付けてください。
基本だけでは、難しい翻訳を任された時に対応できなくなってしまいます。
しかしいきなり応用を勉強しても、内容を理解できないでしょう。

基本を理解してこそ、応用もスムーズに勉強できます。
参考書を自分で買って独学する人は、レベルに合った参考書を使ってください。
全く中国語をわかっていない状態だったら、初心者向けの基本が説明されている参考書が良いでしょう。
それから、応用の知識が買いてある参考書を買って勉強してください。
焦らないでゆっくり勉強すると、応用の知識も覚えられます。