仕事が終わっても油断しない

間違っている部分がないかチェック

翻訳が終わっても、すぐお客さんに渡さないでください。
見直すことで、間違っている部分に気づけます。
ミスがあったら、すみやかに修正してください。
間違ったままお客さんに翻訳したものを渡すと、迷惑を掛けてしまいます。
お客さんは仕事で使うため、翻訳を任せたのかもしれません。

しかし翻訳の内容が間違っていると、仕事に活かせなくなります。
迷惑を掛けるような会社は、もう2度と使ってもらえないでしょう。
会社の評判が悪くなるので、ミスが起きないように仕事に取り組んでください。
翻訳する文章が長い場合は、こまめに見直すと良いですね。
すると早くミスに気づけるので、見落としがなくなります。
正しく翻訳して、お客さんに渡してください。

仕事のスケジュールを先に決めよう

複数の翻訳を、まとめて依頼される時があります。
きちんと優先順位を決めて、順番に取り組んでください。
仕事の内容を見て、優先順位を決めると良いでしょう。
簡単な翻訳や得意な分野の翻訳から取り組んで、難しい翻訳や長文は後にするのが良い方法です。

すると難しい翻訳に、長い時間を掛けることができます。
何も考えないで仕事に取り組むと、難しい翻訳に時間が掛かって残りの翻訳ができなくなってしまいます。
自分の得意なことや苦手なことを、しっかりと見極めてください。
優先順位を決めたら、メモしておきましょう。
目立つところにメモを貼っていれば、次にどの仕事に取り組めば良いのかすぐにわかるので便利です。
すばやく仕事を片づけられるでしょう。